ホーム>スタッフブログ>新製品

新製品

蜜蝋フィニッシュモデル

 7月に製作したエンジェルスハープEH250を紹介します

 

 2017723164447.jpg

  

 今回の材種は、アルダー+メイプル+スプルースの3種で、いずれも薄い色の木を

組み合わせました。

外周バインディングは、ホワイトパール+メキシコ貝セル。

ポジションマークは、天然メキシコ貝とクリスタルビーズのコンビネーション。

を用いています。

また、画像では解りにくいかもしれませんが、桜の花弁をモチーフにしたレリーフ

を施してあります。

 

なるべく木の自然の色を生かした外観をという、クライアントのご希望に沿うよう

にと、天然ワックスの蜜蝋で外装を仕上げました。

 

90%ほどの艶消し感と、なめらかな肌ざわりの蜜蝋ワックスはほのかなラベンダー

の香りがします。

 

よく楽器の音色・響きは塗装に影響される、とか ニスにより美しい音色が作られる

と言われますが、私くしは違った考え方をしています。

 

弦の振動が木材に伝わり、いろいろな物理的条件を経て倍音が構成されて音色となります。

その中で、音色が決定されるの最大要素は木材にあると考えます。従って、保護と美観の

を目的とした塗装は、極力木材に影響を与えないよう、薄膜塗装のほうが良いと考えます。

蜜蝋は、蜂の巣から抽出した成分で作られた天然樹脂のワックスです。殆ど塗幕を形成しないにもかかわ

らず、撥水力は強く、汚れも付きにくいものです。

 

音色を言葉で表現するのは非常に難しく抽象的になります。是非一度、コンサートや展示会

等のイベントで直接お聞きいただければ幸いです。

 

 

 

 

2017Y ニューモデル

 エンジェルスハープのラインナップに、2017Yプレミアムモデルが追加されました。

モノフレームには、メイプル材、表裏甲板には高級ヨーロピアンスプルースを使用してあります。

バインディング、サウンドホール飾り、ポジションマークにはアバロニ(メキシコ貝)の螺鈿装飾

を施しました。

 

EH2502017モデル

 

サウンドホールには、表に六ボウ星、裏に五ボウ星のモザイクをはめこんであります。

エレガントで、ルネサンス時代の古楽器をイメージさせるデザインとなっています。

 

外観仕上げは、音響的影響面から塗膜を最小限に抑えるよう、天然ワックスの蜜蝋のみの仕上げ

にしてあります。

ヴァイオリン族と同様の、メイプルとスプルースのコンビネーションによる音色は、より豊な

倍音を発生させ、ブリリラントな響きを生み出しています。

 

 

ページ上部へ