ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ケルナー馬頭琴 製作日記(3)

 今回は、指板にフレットを打ち込む工程を説明していきます。

まず最初に、ケルナー馬頭琴のネーミングについてですが、

これは、古典音律の一つであるケルナー音律でフレッティングされた馬頭琴から命名したものです。

 

この、音律という言葉ですが、

音律とは、「音楽に用いる音高の相対的な関係の規定方法」と定義されています。

これでは具体的に理解するのが難しいですね。

もう少しわかり易く言いますと、1オクターブの中に12個の音を数学的・物理的方法を用いて音程を定め

配列する方法とでもいいますか、楽音の方程式みたいなものですね。

 

考案した人物の名前をとり、純正律・ピタゴラス音律・ミーントーン音律・ベルクマイスタⅠ~Ⅲ音律

キルンベルガー音律・ケルナー音律・ヤング律・平均律などが良く知られた音律です。

 

ちなみに、現在の一般的な音楽シーンで用いられているが平均律でして、1オクターブの音程を12等分

してどの半音も全音も均等にしたもので、正確には12等分平均律といいます。

この平均律が一般的に普及し始めたのはドビッシーの時代、1865年以降と言われています。

 

それ以前に主に使われていた音律を古典音律といいます。

この古典音律は、オクターブ中に同じく12の音を配列しますが、その間隔は均等ではなく、

基音に対する、完全5度・完全4度・長3度・短3度・完全6度・長2度が極めて純正に近く

なるよう配列されたものです。

従って、12音の音程間隔は均等では無く不均等になります。

よって、古典音律のこと不均等平均律とも呼ばれています。

 

作られた歴史は古く、古代ギリシャのピタゴラスによって考案されたピタゴラス音律が始まりです。

幾人かの音律研究家や音楽理論家が古典音律を考案してきましたが、大バッハは自分自身で開発した

音律で調律したハープシコードを使い作曲・演奏していたと言われています。

これが、鍵盤楽器のための気持ち良い調律法  Wohltemmperierte Stimmung と呼ばれる

ものです。

この音律によって長短24調のどの調においても心地よい和声を得られる事を証明するために作曲されたのが

    Das wohltemperierte  Clavie    「 平均律ピアノ曲集 」    です。

 

この曲集が日本に紹介された時、ドイツ語の翻訳者が、wohltemperierteを平均律と訳した為、

バッハが12等分平均律の発明者と誤解されてしまいました。

明治維新後、西洋音楽を積極的に取り入れる運動がおこりましたが、すでにヨーロッパでは平均律

がスタンダードな音律として普及が始まっていましたので、古典音律の存在が日本ではほとんど知ら

れず今日に至っているのも無理からぬ事でしょう!

 しかし幾度かの古典音律復活ブームの変遷を経て、最近ようやく作曲時に用いられた音律で演奏

することが大切であると言う考えが少しづつではありますが浸透してきまして、非常に喜ばしく感じて

おります。

 

 これまでわたくしは、、両音律の優越を論じる事を目的とせず、両者の長所短所について実践を通して

吟味考察してきました。

その体験の中で目指したものは、古典音律(不均等平均律)がより簡易に使用され、美しい音楽シーンを

多くの人に体現してもらい事でした。

そのスキルの一つとして、古典音律で演奏出来る弓奏楽器が必要と考えこのフィドールを開発しました。

 

 ヘルベルト・アントン・ケルナーはバッハの用いた音律を長年研究した人で、バッハの音律研究では第一

人者と言われています。このケルナー音律のチューニングで演奏しているのがエンジェルスハープです。

ケルナー音律の和声の美しさはエンジェルスハープにより充分立証出来ましたので、ケルナー馬頭琴でも

美しい長3度やまろやかな旋律線で演奏出来ることを確信しています。

 

音律の話が長くなりまして恐縮です、製作工程の話に戻ります。

皆さん、12等分平均律で作られたギターの指板を見ていただくと、1弦から6弦に至るまで、一直線

のフレットが打ってある事に気付きますね。どの音からでも半音の間隔は同じになりますので、フレット

の位置も同一となり一直線の1本のフレットを打つ事になります。

 

しかし、古典音律では、それぞれの半音間隔が違いますので、フレットは一直線にならず弦毎にずれを生じます。

わたくしのHP内のケルナーギターのブログをご覧いただければ一目瞭然です。

今回の馬頭琴は3弦を有しますので、画像をご覧下さい。

 

 

ケルナー馬頭琴フレット

同じ位置にある弦や、3弦それぞれえずれている箇所もあります。

24フレット全域ではこうなります。

 

 

ケルナー馬頭琴全体画

 

 

平均律の場合、音域2オクターブで24フレットですので、24本の打ち込みで済みますが、

古典音律ですと、24×弦数(3)=72本になりまして、大変手間の掛かる工程になります。

どんな響きになるかわくわくしながらコツコツと作業を進めていきます。

 

 難関のフレット打ちが完了したら、レベリング調整します。

全フレットの頂点が一直線になるよう、治具を使って研磨して修正します。

この工程が不十分ですと弾いたときにビビリが生じますので重要な作業になります。

研磨しますと、フレットの断面が台形状になりエッジができますのでこれを半円形に

修正して点で弦に接するようにします。

この工程の精度が音色に大きく影響しますので丁寧に作業を進めます。

 

 トレベリングが終了したら、塗装工程にはいります。

塗装は、わたくしの場合オール刷毛塗りで行います。

最小限の塗膜厚で仕上げるには、スプレー塗装では不可能でして、どうしても刷毛で塗る

必要が有ります。

 

刷毛塗りのコツは、刷毛目を残さず薄く回数を重ね、均一な塗膜を形成することですが、

言うは易し行うは難しとの例えの通り、コツは経験で会得するしかありません。

 

 手工品弦楽器の塗装には、ラッカー・ウレタン・セラックニス・オイルニス等有りますが、

わたしは、低硬度の塗料で膜厚を極力薄く塗装するよう心がけています。

楽器の種類にもよりますが、木地の未塗装の状態の音色が経験上、塗装後したものよりも

美しかったと思いますが、保護と美観のために最小限の塗装をします。

個人的には、セラックアルコールニスがシンプルな工程で、着色する染料の色合も美しく

出て好みですね。

薄く塗り、光沢が出てくるまで1日1回とし、途中に研磨を入れながら15~20回位重ね塗り

をし、最後に仕上げの光沢調整をして終了です。

 

恐縮ですが、使用する塗料・工程表は非公開とさせていただきますのでお許しください。

塗装工程が終わりましたら、いよいよアッセンブリー(組立作業)です。

 

長くなりましたので、ここで一区切りしまして、アセンブリーは次回の日記でお話したいと思います。

 今回も通読戴き有り難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケルナー馬頭琴 製作日記(2)

 < 胴工程2 >

 表裏甲板の加工が終了したら次に側板の製作に進みます。

馬頭琴の胴は台形になります。

サイズは、上辺180mm×下辺275mm×脚部(左右の斜辺)310mm

で厚さ70mmの台形枠を作成します。

材種は桐で厚さ4mmのものを用意します。

 

板どうしの接合方法には、ダボ継・留め継・組継・トンつ継(俗称イモツギ)等

何種類もありますが、馬頭琴の場合接合角度が90度ではないので俗にゆうバカ留め継

で接合します。

上部は90度より鈍角、下部は鋭角になりますが、それぞれ接合部の小口を半分の角度

で切断して張り合わせるのをバカ留め継といいます。直角より難しいですね。

左右の脚部を同時に切断すればピッタリ左右同じ角度になります。

バカ留め継の接合ではゴムバンドで左右の対称を見ながら同時に絞めて接着します。

作業にスピードが要求される為、撮影する余裕が無く、画像がアップ出来ず済みません。

 

枠の加工が終了しましたら、表裏板を接着します。

接着には、クランプ、ゴムバンド等を用いますが、甲板のアーチ部に強い圧力が

掛からないよう注意が必要です。

接着剤には、膠とタイトボンドを使い分けています。

後日、取り外してリペアーする可能性のある箇所には、膠を使います。

音響的な影響という点では、どちらも大きな差は無いとというのが、わたくしの経験上

の見解です。

 

 つぎにいよいよネックの製作に入ります。

馬頭琴のネック(棹)には、ご存知の通り馬の頭部が彫刻されています。

この彫刻の為、馬頭琴の量産が難しいとされる理由の一つです。

でも、ここが製作l家の腕の見せ所と楽しみでもあります。

                                                        

ケルナー馬頭琴頭部モノクロ

 

ネック材はなるべく硬い材種を用います。

弦の張力に負け、ソリが出て弦高が高くなるのを避ける為です。

今回は、メイプル材(継ぎナシ材)を使いました。

 

メイプルは堅材ですので、角材からいきなり頭部を彫刻するのには大変手間と労力が掛かります。

そこで、おおまかな形状をテンプレート(雛型)を使って木取っておきます。

 

ケルナー馬頭琴頭部テンプレート                      ヘッド部テンプレート

 

次にイメージラインをスケッチしておいて、ノミ・彫刻刀で根気よく彫ってゆきます。

動物の顔は人・猿類意外は左右を正面から見ることが難しく、また木目も逆になりがちな為、

左右の違いが出てしまいがちです。時々反対側を確認しながら彫り進めていくのがポイントです。

 

頭部の彫刻が終了したら、胴に接合します。

弦楽器のネックの接合方式には、ダボ接合・アリ(ホゾ)接合・スルーネック式と

ありますが、わたくしはいつもアリ(ホゾ)式で行っています。

アリ式の中に、両アリ式という方法があります。

これは、突起部分(楽器の場合はネック側)のアリに、差し込む方向と引っ張られる方向

の両方にテーパー加工(逆ハの字型)をします。

そして受け側の溝にも同じテーパーの溝を彫って差し込みます。

こうすることによって、差しこむほどに両接合面に力が加わり引っ張り方向に対して

強い耐久力が得られ、また逆ハの字型の加工により完全に抜けなくなります。

テーパー角は70°~75°が最適とされています。

 

ネックの取り付けは一発勝負でやり直しが出来ませんので、胴の中心線に沿うよう、また

設定した駒の高さが出るよう、アリと溝の合わせを調整しながらネック角を決めていきます。

何度も確認し、問題なければ接着剤を着け差込みます。

アリと溝の加工が完璧なら、クランプ固定の必要はないでしょう!

 

 

ケルナー馬頭琴カカト接合部

 

次に、ネックの接合が出来たら指板の取り付けをします。

フレットを打ち込んだ完成指板を接着する方法と接着してからフレットの打込みをする方法がありますが

わたくしは指板を接着した後にフットを打込みます。

この理由は、指板接着後 完全に接着材の水分が抜けてから指板のレベリングを出したほうが、狂いが少ない

為です。フレット打ち後の摺り合わせ量も最小で済みます。

いずれの手順においても、指板の接着前にネックの反りがなくストレートである事が必須条件です。

                  (フレット摺り合わせ作業については、製作日記(3)で説明します。)

どちらにも長所短所があり、生産性も含めてどちらが正しいとは断定出来ないところです。

 

 そしていよいよ、フレット打ち作業です。

ここで、ケルナー音律の登場です。

まだオフィス・ドルチェのホームページで古典音律のページやサイトをご覧になっていない方には、音律

とかケルナーが何か、把握出来ていないかと思われますので、この点も含めて次回、製作日記(3)で

詳しく説明する事にしまして、製作日記(2)はこれまでとさせていただきます。

今回も最後までご覧戴きありがとうございました。

 

  

 

 

2022エンジェルスハープコンサート&展示会

 新型コロナウイルス感染拡大第6波も現在下げ止まりの状況で収束のめど

が見えない日々が続いています。

一日も早く平穏な日々を過ごせるようになる事を願うばかりです。

 

 そんな中、感染予防対策を充分取りながらコンサート&展示会を今春も開催いたします。

場所は昨年に引き続き、信毎メディアガーデンです。

詳細は以下の様になります。

 

        エンジェルスハープコンサート&展示会

 

  日 時   5月29日(日)

         開  演   PM 2:00 ~ 4:30

         コンサート  PM 3:00 ~ 3:30

 

  場 所   信毎メディアガーデン 3階スタジオ

         〒390-8585 松本市中央2-20-2

 

  入 場   無 料

 

  注意事項  ・ 入場にはマスク着用と手指の消毒をお願いします。

        ・ 又、体調不良の場合は入場をお控えください。

        ・ 新型コロナ感染拡大防止対策として、入場者数の制限を40名と

          しております、制限を超える場合入場できない場合もございます

          のでご了解下さい。

 

  今回のイベントでは、新たに開発した楽器の展示とデモ演奏をいたします。

  この新製品は、ケルナー音律を正確に演奏出来るよう専用のフレットを施

  した3弦仕様の馬頭琴です。

  弦は従来の馬毛ではなく、スティール(金属)弦を使用しています。

  これにより、高音域も正確な音程と豊な表現力を備えています。

                    

 

ケルナー馬頭琴全体画

                       ケルナー馬頭琴

 

 

 EH300・2021モデル                    エンジェルスハープEH300モデル

 

          当日、無料で試奏・体験レッスンも出来ますのでスタッフにお声掛け下さい。      

       

 

   

 

ケルナー馬頭琴 製作日記 (1)

 弦楽器工房オフィス・ドルチェでは、古典音律による音楽の普及をめざして、

此れまで、エンジェルスハープ・ケルナーギターを開発、製作してきました。

また、さまざまなジャンルの曲を古典音律で演奏する中で、滑らかな旋律性と心地よい

和声が得られ、12等分平均律による音楽とは全く違った感性を覚える事を体現してきました。。

 そこで、さらなる次の段階への挑戦を進めてゆきたいと思います。

 

 エジェルスハープやケルナーギターはいずれも撥弦楽器でしたが、より純正協和音のハーモニー

を充実させるにはどうしても擦弦楽器の参加が必要と考えました。

 

そこで馬頭琴を15年間製作してきたノウハウを活用して、3弦で和音を出せる馬頭琴を考案しました。

これに、ケルナー音律で正確に演奏出来るようフレットを取り付けます。

このフレッティングはケルナーギターのノウハウを応用したもので、チューニングも高音側から

E・B・Gとしました。

この3度4度チューニング法ですと、3弦での和音フィンガリングが大変容易になります。

 

今回は、製作工程を画像を交えながら説明していこうと思います。

細かな工程の画像は省略してありますが、ご了解下さい。

 

 まず第一工程です。

擦弦楽器を全音域バランス良く響かせるには表裏甲板をアーチ状に削り出す必要があります。

次の写真が削り出した表甲の下部から撮影したものです。

 

ケルナー馬頭琴表甲アーチ                                                                            

 アーチの高さにはいろいろな考え方がありますが、高いほうが発生する倍音成分が豊か(複雑)になり、

艶のあるブリリラントな高温が発生するというのがわたくしの見解です。

アーチの高さは約29mm有ります。今回は30mm厚の国産ヒバ材(張合せナシ)から削り出しています。

厚サは中央で4mm、外周部で2.8~3mmになります。

完全乾燥からシーズニングを経た材料ですが、それでも2週間程掛けてゆっくりと削り出してゆきます。

削られることで水分が少しづつ抜けて、ゆがみ・たわみ等の変形がどうしても生じますので、それを観察し

修正しながら作業を進めます。

最初に表面の曲面を決め、次に裏面を削り出し厚さを決めてゆきます。

工具はヴァイオリン用の西洋鉋(カンナ)ではなく、日本式の小型丸鉋と大小の丸刀を使います。

 

工具

 

 

裏面が削り終えたら、バスバーを取り付けます。

バスバー(力木)の役目は、駒で受け取った弦振動を速く甲板の外周部まで伝える事と、駒からの圧力

による甲板の変形を防ぐ事です。

 

 

ケルナー馬頭琴表甲裏面

 

左右の響穴(サウンドホール)は削り出しをしてから加工します。

モンゴル風のデザインは大変繊細で手間のかかる作業です。

工具は糸鋸(イトノコ)と先端の細い小刀を使います。

正面から見て、木口が目立たないように、ハの字型に奥の方を多めに削るのと、純目・逆目を見て

削り跡が滑らかになるよう加工するのがポイントです。

写真の小刀は、かれこれ20年使っているもので先端が細く、モンゴル風のサウンドホールの細かい

部分の仕上げには欠かせない工具です。

 

小刀

 

 

同様に裏甲を加工して行きます。

裏甲は馬頭琴の場合、表甲のように強いアーチ状にはせず若干膨らみが解る程度にします。

裏甲と側板は国産の桐材(1枚もの単板)を使いました。

メイイプルより、柔らかくまろやかな低音にしたかったのが理由です。

いつも心がけている事ですが、設計の段階でどんな響き・音色をめざすか、イメージを持つ事

が大切だと思っています。

 

ケルナー馬頭琴裏甲裏面

 

製作日記(1)はひとまずここまでとします。

 

     ご覧いただきありがとうございました

           次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

2021クリスマスコンサート

  ことしも残り1ケ月をきりました。

 コロナ禍も落ち着きをみせ、収束の期待が膨らむ今日この頃です。

 

昨年は、12月のクリスマスイベントがほとんど出来ず、寂しい師走でしたが

今年は何とか出来そうです。

 

エンジェルスハープ教室のクリスマス会は、無観客の中25名の参加者を得て

あがたの森公民館講堂で11月27日に行いました。

天井・壁・床全て木製の内装、天井にはゴシック様式を想わせる2基のビッグなシャンデリア

がレイアウトされた空間は繊細なエンジェルスハープの音を程よいサスティーンで響かせてくれ

ました。

 ケルナー音律の甘いハーモニーがとても心地よかったです。

 

 

  一般の方が鑑賞出来るコンサートを3つ企画しましたので日付順にご案内してゆきます。

 

12月18日  山梨県富士川クラフトパーク 道の駅 みのぶ  にて

       タイトル  「エンジェルスハープ&馬頭琴 コンサート」

       を行います。

       演奏は、わたくし武田芳雄とドルチェ エンジェルスハープ教室 身延支部

       の皆さんです。

 

    2021富士川クラフトパーククリスマスコンサート

 

 

 

 

 

                                                                                                                    

     12月24日  愛知県瀬戸市「さとの家 クリスマスコンサート」

 

              この会場は収容人員60名に制限されていますので、入場出来ない場合もございます。

              ご了承下さい。

 

 

2021さとの家クリスマスコンサート

 

                                                                   

 

 

      12月25日   アカデミア館 クリスマスコンサート

 

          松本市梓川にある美術館 アカデミア館は工房オフィス・ドルチェの南約1km

              にある小さな美術館です。

              ここのギャラリーは多目的利用が可能になっていまして、よくコンサートも行われ

              ています。

 

               今年は地域の小中学生を招待して、絵本 「スーホの白い馬」の朗読にエンジェルス

              ハープと馬頭琴をジョイントした音楽劇を楽しんでもらおうと企画しました。

      

              こども達がこの物語から何を想像し、感じてくれるかとても楽しみです。

              クリスマスのひと時をご家族でお過ごし下さい。

 

 

2021アカデミア館クリスマスコンサートのサムネイル画像                     

              新型コロナ感染拡大予防の為、入場者数制限をいたします。

           鑑賞ご希望の方は、メールにてご予約下さい。

 

              

 

              

 

 

              

2021モデル 発表展示会&ミニコンサート

 エンジェルスハープ カスタム & スタンダードの両機種をモデルチェンジ

した、2021年バージョンの発表会を行います。

 

 

 日  時     4月25日(日)

             開場 Pm 1:30 ~ 4:30

            ミニコンサート   Pm 2:30~

 場  所       信毎メディアガーデン 3Fスタジオ  

               松本市中央2-20-2

 

 入 場     無 料    予 約 不 要

 

 問い合せ     TEL 090-4180-7511  武田芳雄

          mail : info@angelsharp.jp  (オフィス・ドルチェ

   主      催                    オフィス・ドルチェ

            松本市梓川倭2320-5

            http://www.angelsharp.jp/

 

 

             予約は必要ありませんが、新型コロナ感染拡大予防の為、ルームの

             収容人数規制をオーバーする場合は、入場制限をお願いすることが

             ございますのでご了解下さい。           

             尚、感染予防対策としまして、体調不良の方、体温が37.5℃以上

             の方の入場は控えてください。

             また、観覧時のマスク着用と事前の手指消毒にご協力をお願いいたします。

 

             

 

       

 

        

2021モデル・EH300 EH200

 スタンダード・カスタム両モデルをリメイクした2021モデルの発売を、

3月より開始します。

 

新カスタムは、特別仕様のプレミアムモデルをリーズナブルでお求めやすい

価格に設定しました。

全体のフォルムは変更せず、表・裏サウンドホールのデザインが新しくなっています。

 

EH300・2021モデル

          EH300カスタム 

     価格 270,000円(ソフトケース付) +消費税

 

サウンドホールは、トップ(表板)には五ボウ星をデュアルにアレンジした十角形

 としました。拡大した画像をご覧下さい

 

EH300十亡星サウンドホール

 

 

 

 バック(裏板)には、ヴァイオリン族の Fホール左右対称にレイアウトしました。

 

EH300バックFホール

 

 次に、頭部左右に彫刻してありますスクロールもリニューアルしました。

より立体的でバランスのよいシルエットになっています。

 

EH300スクロール

 

 

 

 

 スタンダードモデルはこれまでのベーシックなフォルムはそのままに、

バック(裏板)のサウンドホールを新しく、クローバーをモチーフにして

表のハートの中心に来るようレイアウトしました。

 

EH200・2021モデル

        EH200スタンダード

    価格 180,000円(ソフトケース付) +消費税

 

 

EH200バックホール

     クローバー型 バックサウンドホール

 

 

 

 カラーは、これまでブラウン系を基本に何種類かブレンドして

きましたが、今回は両モデルともモノトーンで透明感のある琥珀色

をイメージして着色しました。

 

アンティーク調でゴシック風なデザインのエンジェルスハープにふさわしい

色合いになっています。

   カラー名をドルチェアンバーといいます。

 

尚、オプションとして エンジェルシルエットのインレイやナチュラルカラー

仕様も承っております。

 

 4月25日(日)午後、松本市メディアガーデン3Fスタジオにて、2021年

モデルの展示とミニコンサートを行いますので、是非実物をご覧下さい。   

 

 

梓川音楽祭2020 10/17 順延開催中止のお知らせ

 1週間順延しました、梓川音楽祭2020ですが、またもや

天候不順の為、残念ですが中止といたしました。

再度順延は、ありません、今年の開催を断念いたします。

 

 出演応募していただいた皆様はじめ、一般周知にご協力いただいた

マスメディアの各社様に心から感謝いたします。

 

 来年こそ必ずコロナ禍を乗り越え、屋内で開催出来る状況になること

を祈ります。

 

 皆様、応援ありがとうございました。

 

             主催者  Office Dolce 代表 武田芳雄

梓川音楽祭2020 10月17日 順延開催

   悪天候により中止になりました、10月10日の梓川音楽祭、

  10月17日に順延して開催いたします。

 

     場所     梓川アカデミア館野外ステージ

     時間     午後1時~5時    

 

              日程変更により、出演者の変更がありますので、新たなプログラムになりました。

 

  梓川音楽祭2020 プログラム

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

 

 

梓川音楽祭2020 10月17日 雨天中止のお知らせ

 10月10日開催予定の梓川音楽祭2020は、台風14号

の接近等による天候不順の為、中止となりました。

尚、1週間後の17日に同場所同時間、梓川アカデミア館野外ステージにて順延

して開催をいたします。

 

 改めまして、出演グループ・プログラム等、決定次第このページにて

更新してゆきますので、よろしくお願いいたします。

 

 お問合せは、    090-4180-7511(武田芳雄)       又は

           info@angelsharp.jp

  までご連絡下さい。

 

ページ上部へ